テミルのお菓子作り

Project 1 辻口博啓シェフとLAUNDRYとこむぎっこでつくったマフィン、ハスカップのコンフィチュール、アイアシュッケ

【辻口博啓】 【辻口博啓】
知的障碍者の方々は本当に純粋で、誠実な方が多い事に感動しました。そんな彼ら彼女達に、お菓子を通じて夢を与えたい、そんな思いで指導しました。障碍者が自信を持って作ったテミルのお菓子を是非食べてもらいたいと思います。
【Laundry】 【Laundry】
「誰かに喜んでもらえることは、自分にとっても嬉しいこと」それは誰もが感じることのできる幸せのひとつだと思います。障碍をもつ方々が作ったお菓子がより多くの人に喜んでもらえ、彼ら自身もより幸せな気持ちになってくれたら嬉しいなと思います。
【こむぎっこ】 【こむぎっこ】
こむぎっこのみんなはいろんな個性を持っています。そのみんなの個性を集めて、一生懸命、心を込めて焼き上げました。美味しいものを食べてみなさんに笑顔になっていただきたいと思っています。その笑顔を見ることができれば私たちは幸せです。

北海道産のハスカップにこだわり、辻口シェフが考案したアイアシュッケとマフィン、そして、コンフィチュール。食べづらいと言われるハスカップの独特の酸っぱさを上品な甘さで包んでいます。

ページの先頭へ