協力者のみなさん

ご協力いただいているプロの方々
プロジェクトの商品に魔法をかけてくださった方々をご紹介します。

※プロジェクト順

武田双雲氏

武田双雲氏 「てみる」のロゴは「芽ぶき」と「無限大∞」をイメージして書き上げました。人は誰でも無限の可能性を持っていると僕は信じています。地球の創世記の状態から今の多種多様な生命体の存在を想像できません。人類が月に行ったことも、一昔前からは想像もつきません。昔、誰がインターネットのような便利なシステムを想像できたでしょうか。人は唯一夢をみることができる生命体。夢をみて、行動することで日々の現実は変わってきます。そしてそれを積み重ねた時に、必ず芽が出ます。それが他に比べて変わった種でも関係ありません。その芽は無限の可能性を持っています。どんな花を咲かせるのかは、夢しだい。さぁ、どんな花を咲かせましょうか。あなたにしか咲かせることのできない花へ。

辻口博啓シェフ

辻口博啓シェフhttp://www.h-tsujiguchi.jp/ 1967年石川県で和菓子屋の長男として生まれる。5度目の世界大会に日本代表として出場し優勝経験を持つ。現在、自由が丘にある「モンサンクレール」の他、コンセプトの異なる12ブランドを展開。各企業とのコラボレーションやプロデュース、講演やテレビ・ラジオレギュラー番組への出演、SUPER SWEETS SCHOOL自由が丘校なども開校している。また、一般社団法人日本スイーツ協会代表理事も務め、スイーツ文化のさらなる発展と向上に力を注いでいる。

LAUNDRY

LAUNDRYhttp://www.collaboration.co.jp/laundry/ レトロアメリカンをテーマに、キャラクターやイラスト、グラフィックなど、バリエーション豊かなプリント&カラーを揃えるユニセックスTシャツブランド。

荒井良二氏

荒井良二氏http://www.ryoji-arai.info/ 1965年山形県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。イラストレーションでは、1986年玄光社主催の第4回チョイスに入選。1990年に処女作「MELODY」を発表し、絵本を作り始める。1991年に、世界的な絵本の新人賞である「キーツ賞」に『ユックリとジョジョニ』を日本代表として出展。その後も数々の賞を受賞。90年代を代表する絵本作家といわれる。2005年には、スウェーデンの児童少年文学賞である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を授賞、2006年に「スキマの国のポルタ」で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞。

高木康裕シェフ

高木康裕シェフ 1973年生まれ。1992年エコールキュリネール国立・辻製菓専門カレッジ卒業後、フランス留学。リヨン近郊 シャンパーニュ・オ・モンドールの洋菓子店「プリンス・ド・フランス」にてMOFエマール氏のもとで修行。1994年帰国後、東京・神奈川のフランス菓子店にて修行。1997年実家である菓子工房「アントレ」にチーフとして父より引き継ぐ。1998年 東日本作品展コンクール アントルメ部門 銅賞。1999年~5年連続ベルギーモンドセレクション世界大会コンフィズリー部門 グランドゴールド受賞/1999・2000・2001年マカロン/2002・2003年プラムショコラ。2000年TVチャンピオンサマーウェディングケーキ職人選手権 第3位。2001年千葉県洋菓子作品展コンクール アントルメ部門 銀賞。2002年TVチャンピオンクリスマスケーキ職人選手権優勝。

村上康成氏

村上康成氏http://www.murakami-museum.co.jp/ 1955年岐阜県生まれ。創作絵本をはじめ、ワイルドライフ・アート、オリジナルグッズなど、独自の世界を幅広く展開している。生きものたちの息づく自然に、身をおくことをこよなく愛する自然派アーティストであり、その自然への柔らかで確かなまなざしや、軽妙洒脱な画風は、年齢を超えて多くの人々に親しまれ続けている。『ピンクとスノーじいさん』『ようこそ森へ』(徳間書店)、『プレゼント』(BL出版)で ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、『ピンク!パール!』(徳間書店)でブラチスラバ世界絵本原画展金牌、『なつのいけ』(ひかりのくに)で日本絵本大賞などを受賞。
その他の作品に『石のきもち』『くじらのバース』(ひさかたチャイルド)、『星空キャンプ』(講談社)など多数あり、絵本の持つ魅力、絵本表現の可能性を、デビュー作『ピンク、ぺっこん』(徳間書店)以来、フレキシブルに探り続けている。 最近では、タブローの力への憧憬もあわせて、精力的に活動している。伊豆高原と石垣島に美術館とギャラリーがある。

山本隆夫シェフ

山本隆夫シェフhttp://clubharie.jp/ 1972年、滋賀県近江八幡の和菓子屋「たねや」に生まれ、三輪 壽人男シェフ(鎌倉)の元で修行。「㈱クラブハリエ」を設立(1995年)。2011年3月より代表取締役社長に就任。現在、13店舗を展開。また、グランシェフとしても現場を指導・指揮している。その他、東京・青山にイタリアンドルチェ専門の「ソルレヴァンテ」、南仏菓子専門の「オクシタ二アル」などを展開。2012年10月25日、クラブハリエキッズなど新たな展開を開始する(大阪・阪急百貨店内)。

西内としおさん

西内としおさんhttp://www.nimunimu.jp/ イラストレーター・アニメーター。1959年横浜生まれ。阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。 CFアニメや「ひらけポンキッキ」「みんなのうた」「おかあさんといっしょ」などのアニメーションを中心に活動を始め、その後幼児向けの絵本や保育用品のイラストも手がけるようになる。現在も、アニメーションとイラストレーションの両分野で活動中。

神田広達シェフ

神田広達シェフhttp://www.lautomne.jp/ 1972年東京都生まれ。「ら・利す帆ん」にて4年間修行。コンクールのため渡仏を繰り返す。22歳でジャン・マリー・ジブナレル杯チョコレート部門で入賞。その後もフランスはパリ、プロヴァンス地方などで開催されるコンクールで数々の受賞を果たす。帰国後、実家が経営する「ロートンヌ」を引き継ぎ、98年よりオーナーシェフに就任する。

柿沢安耶シェフ

柿沢安耶シェフhttp://www.potager.co.jp/ 「おいしいだけでなく、食べた人が健康になれる料理やスイーツ」を提供するお店を志し2006年に世界初の野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』を東京・中目黒にオープン。スイーツの新しいムーブメントを興したパティシエとして注目される。また2011年には野菜とお米の可能性を広げるため『野菜寿し ポタジエ』を六本木に開店。日本の「食育」や「農業」への関心も高く、農業支援活動やイベント出演も行い、食育セミナー、生産地での野菜作り体験ツアー、料理教室講師などを実施。

あだちなみさん

あだちなみさんhttp://www.adachinami.com/ 1974年岐阜県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業。玩具メーカー2社を経て、2002年「くまのがっこう」を発表。絵本作家として活動を始める。代表作として、「くまのがっこう」シリーズ(ブロンズ新社)、「フラニーとメラニー」シリーズ(講談社)、「うさぎちゃんとゆきだるま」(教育画劇)、「へっぽこまじょこニコとニキ」シリーズ(小学館)、など多数。

小山進シェフ

小山進シェフhttp://www.es-koyama.com/ 10代で「スイス菓子ハイジ」に入社後、数々の洋菓子コンクールに入賞。2000年に独立し、「パティシエ・エス・コヤマ」を設立。2012年フランス・パリで開催された世界最大のチョコレートの祭典「SALON DU CHOCOLAT Paris」に出展。2年連続で最高位の「星付き5タブレット」という最高評価を獲得。「外国人部門最優秀ショコラティエ賞」も同時に受賞し、2年連続W受賞という日本人初の快挙を達成する。

C.Creative

C.Creativehttp://www.c-creative.net/ 1988年設立。パッケージデザインとプロダクトデザインに特化したデザイン会社。化粧品、スイーツ、食品、飲料、日用品のパッケージデザイン及び、日用品、電子機器、医療機器、家具などのプロダクトデザイン・サービスを提供。11人のメンバーは人の生活に関わるものをより良くして、豊かでスマートな暮らしをつくるために毎日楽しくとりくんでいます。

水野直己シェフ

水野直己シェフhttp://www.naomi-mizuno.com/ 1978年京都府福知山市に生まれる。1997年練馬区のおかしの家ノア等を経て2002年渡仏。帰国後、吉祥寺の二葉製菓学校講師として勤務。2004ジャパンケーキショー東京小型工芸菓子部門銀賞受賞をはじめ数々の賞を受賞。その後、ワールドチョコレートマスターズ2007フランス・パリ世界大会にて総合優勝。農林水産省より感謝状を授与される。世界最大チョコレート原料メーカー「バリーカレボー社」の大使や京都府福知山市どっこいせ大使に任命される。父から店を引き継ぎ、2012年4月、故郷の地に新生「洋菓子マウンテン」をオープン。

長谷川義史氏

長谷川義史氏http://www.eonet.ne.jp/~mousebbb/hasegawahp/ 1961年大阪府藤井寺市生まれ。グラフィックデザイナーを経て、2000年「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」(BL出版)で 絵本デビュー。おおらかで大人も子どもも楽しめる絵本を次々と生み出す。「おたまさんのおかいさん」(解放出版社)で第34回講談社出版文化賞絵本賞受賞。「ぼくがラーメンたべてるとき」で第13回日本絵本賞と第57回小学館児童出版文化賞を受賞。

和泉光一シェフ

和泉光一シェフhttp://asterisque-izumi.com/ 愛媛県の和菓子屋の3代目に生まれ、幼い時から、祖父、父の職人としての生きざまを見て幼少期を育つ。製菓学校を卒業し、東京の成城にある成城アルプスで最初の修行を始め、7年の修行を得て、大阪、フランシーズで27歳の時に、スーシェフを2年間、その後、29歳で、東京、調布市にある、サロン ド テ スリジェのシェフを務める。世界大会に4度出場し、2003年、クープドフランス出場、ファイナリストに選出。2005年、ワールドチョコレートマスターズに出場、総合3位、アシェットデセール部門優勝。2006年、ワールドペストリーチャンピオンシップにチームキャプテンとして出場、総合2位、ショコラピエス部門優勝。2008年、ワールドペストリーチャンピオンシップに出場。総合2位、ベストプレザンタシオン受賞。2012年、監督としてワールドペストリーチャンピオンシップに出場し、日本チームの優勝に貢献。2009年に、サロン ド テ スリジェを退職、ワールドペストリーコンサルタントとして、アジア、ヨーロッパ、アメリカのホテル、パティスリーなどの商品開発を手がける。2012年5月5日、東京、代々木上原に自店、パティスリーアステリスクを開店、現在に至る。和菓子の職人の繊細さを持ち、世界大会で培った独創的な技術で新しいお菓子作りを行う。ヨーロッパの伝統と、日本の伝統との融合を新しい感性で表現していきたい。

ふじわらてるえさん

ふじわらてるえさんhttp://www.suzunarihappy.com/ 1975年生まれ。横浜市出身横浜市在住のイラストレーター。Gakkenステイフルのステーショナリーなど紙雑貨商品や書籍の挿絵などの仕事を中心に幅広く活動中。

横溝春雄シェフ

横溝春雄シェフhttp://www.lilienberg.jp/ 埼玉県出身。東京・神田の洋菓子店を経て、1972年渡欧。ドイツ、スイス、オーストリアなどで約5年間修業。帰国後、1977年から1988年、「新宿中村屋グロリエッテ」のシェフを務めた後、新百合ヶ丘に1988年にウィーン菓子工房「リリエンベルグ」をオープン。平成22年度認定かわさきマイスター 製菓技術士。社団法人 日本洋菓子協会連合会常任理事。

たなかしんさん

たなかしんさんhttp://www.misagi.net/ 1979年大阪生まれ。画家として活動する傍ら、2002年頃から絵本による表現も始め、文、絵、編集、さらに製本もすべて自らが行う手作り絵本を30作品以上発表している。2005年イタリア・ボローニャブックフェアをきっかけに台湾の出版社Grimm Pressから『巧克力熊』を出版し、本格的に絵本作家としての活動を始める。日本では「かみさまのいたずら」「モグちゃんのねがいごと」(田中書店)「金銀太陽月の詩」「恋キリン」(JACKPOT)「げんきのないピエロ特装本」(求龍堂)などがある。最新作は画集と絵本が一緒になった「たなかしん作品集PORTRAIT」(求龍堂)。2012年台湾で2冊目となる絵本が日本語版「月とカラス」、中国語版「在那遙遠的天空」出版、2013年にも新作「いつもきみと」が二ヶ国語で出版される。ほかに積水ハウスのサステナブルブック「クララのもり」「ぐるるるる」の作・画を担当。岡山県倉敷市のゆるキャラ「Gパンだ」のデザインなども手掛けている。そのほか、プラネタリウムでの絵本上映会や、絵本作りのワークショップなども行っている。

武田双雲先生

妹尾徹也シェフ クラブハリエ統括シェフ/日牟禮館 シェフ。1999年入社。受賞歴は、2002年「2002ジャパンケーキショー東京」小型工芸部門 銀賞。2003年「2003ジャパンケーキショー東京」味と技のピエスモンテ部門 銅賞。2005年「2005ジャパンケーキショー東京」味と技のピエスモンテ部門 銅賞。2006年「2006ジャパンケーキショー東京」味と技のピエスモンテ部門 銀賞。2007年「内海杯」 金賞。2008年「2008ジャパンケーキショー東京」味と技のピエスモンテ部門 大会会長賞。「内海杯(ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2010日本予選)」 銅賞[妹尾・中島ペア]。2009年「2009ジャパンケーキショー東京」、「トップ・オブ・パティシエ2009」(飴細工のピエスモンテ&アントルメ) 4位。2010年「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011」 3位。2011年「第6回WPTC日本代表選考会 シュガーピエス部門」優勝。2012年「WPTC2012」チームJAPAN キャプテン・シュガーピエス担当として出場し優勝 ※「シュガーピエス部門」優勝。

ページの先頭へ